タカムラ40

昭和生まれ独身腐女子の華麗にて波乱なる日々のドラマの記録

ハロウィンとは?

昨日がPCを自力で修理した以外も地味に忙しい一日だったので、

その反動で今日は一日中ネットして、飽きたら本読んで、だらだら過ごしました。

 

無職になると「別に嫌ならしなくていいけど、やらないと確実に自分が詰む」

ような手続きがいっぱい…生きていくのは面倒ですね。

昔は役所大嫌いだったんですが、今思えば

「何したらいいのかよく分からないまま、ボサーッと役所に行ってた」

「書類や印鑑など必要な持ち物を事前に調べず、手ぶらで行ってた」

という愚行ゆえに手続きがスムーズに進まず、必要ない書類を書く羽目になったり

長時間待たされたりしていただけで、完全に自業自得だったと思います。

こんな間抜けの相手をさせられていた職員さんは大変だったでしょうね…。

今更ながらご迷惑おかけしました。

 

そして話は今日に戻りますが、昼ごろ近所のスーパーの前の舗道を

仮装した幼稚園児の群れが「ハロウィン!!」「ハロウィン!!」と

口々に連呼しつつ、ぞろぞろと練り歩いているのを見ました。

「トリック・オア・トリート(悪戯かお菓子か)」だと、誤って通りすがりの

ペドフィリアの耳に入り「悪戯してしてぇぇ~~ん!!!」とつきまとわれかね

ないですし、仕方がないのかもしれません。

もはやハロウィンではなく「ハロウィンのような何か」に成り下がってる様子から、

この行事もいよいよ日本に根付いてきたのだなぁと、何か感慨深いものがありました。

 

私が子供のころ「ハロウィン」といえば、「ブギーマン」という名の殺人鬼が

リア充殺戮に大活躍する、あの映画一択でしたよ。

時代は変わるものですね。

 

 

 

 

広告を非表示にする