読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タカムラ40

昭和生まれ独身腐女子の華麗にて波乱なる日々のドラマの記録

無職は何色の夢を見る?

「無色」

 

自分のインテリジェンスの高さが怖いです。

さて、私が働かなくなってもうすぐ一ヶ月が経とうとしていますが、

変わった点はといえば、毎日が死ぬほど楽しいのと腱鞘炎が治ったのと、

全身にのしかかるセメントめいた疲労感が消えたのと、

やたら色鮮やかな夢を見るようになったことでしょうか。

 清掃で心身を酷使し疲れ切っていたときは、21時になれば意識が強制的に

シャットダウンし、翌朝4:00まで熟睡というか昏睡して夢も見ない有様

だったんですが…やっぱり運動量が減った今は眠りが浅いんでしょうか。

しかし個人的には色つきの夢の方が見ていて楽しいので、今のままがいいです。

ちなみに昨夜は、白銀の星屑をちりばめた深い紺青の夜空を

黄金色に光るダイオウイカがゆったりと泳いでゆく…という

とても美しく幻想的な夢を見ました。思い出してもうっとりします。

いつまでも眺めていたかったですが、尿意には勝てず目を覚ましました。

用を足したあと再び眠りましたが、ダイオウイカは現れず…代わりに

めちゃくちゃなブラック企業に入社して、初日の昼休みからばっくれるという

悪夢を見てうなされました。

その悪夢も色つきで、澱んだ空気のたちこめる煤けたオフィス内に置かれた

観葉植物だけが、やたら鮮やかな緑色をしていたのが印象的でした。

 

…眠りを深くするべく、少しは運動したほうがいいのかもしれません。

 

 

最近読んだ本

【長いお別れ】(レイモンド・チャンドラー)

歯切れのいい文体が癖になるのと、主人公である私立探偵フィリップ・マーロウ

キャラクターがよかったです。しかしマーロウさん、行く先々で会う人会う人に

嫌われたり怒られたりしすぎじゃないでしょうか。探偵は大変な仕事です。

しかし「金では絶対に動かない人間」というのは、権力者からしたら

めちゃくちゃ厄介なんですね。そりゃ国を総出で「少子化対策!!少子化対策!!」

と大合唱するわけです。ローンと妻子を背負った男とマーロウさんでは、

支配しやすいのは間違いなく前者でしょうから。

そういう意味では、確かにマーロウさんは男のロマンです。

あとアイリーンなどの女性キャラの話し言葉が上品でよかったです。

今は「さらば愛しき女よ」を読んでます。

 

【斜陽/人間失格/ダス・ゲマイネ/富岳百景/走れメロス/桜桃】太宰治

有名すぎて読んでなかった類の作家さんですが、読んでみれば確かに読みやすいし

面白い!!やはり文豪の名を冠された人の作品は読んでおくべきですね。

「富岳百景」「走れメロス」あたりは学生時代に国語の授業で読みましたが、

改めて読んでも面白かったです。しかしやはり教科書には載せられないであろう

「斜陽」「人間失格」「ヴィロンの妻」あたりの方が、断然魅力的だったのもまた

事実。文学は世間のいう、お道徳や常識から逸脱したものであるのが本来なのであり、

教科書の反対側にいるものなのだなぁと痛感しました。

食べ物の表記が「スウプ」「おさしみ」など独特で可愛らしかったです。

 

【ロシア怪談集】ツルゲーネフゴーリキートルストイほか)

けっこう分厚い本でしたが、短編集ならではの気軽さから、空いた時間に

ちびちび読んで読了しました。ホラーとして怖いものは特にありませんでしたが、

「優等生の息子が勉強の息抜きにはじめた影絵にハマり、しだいに影絵しか

しなくなり、母親は嘆き悲しむも、結局母子で影絵にのめりこんで終わる」という

救いのない話がいちばん印象に残りました。まさにロシア文学的な暗さ…。

あと、ロシア人って食いしん坊なんですね。食べ物の描写がやたら多かったです。

ロシア文学の食卓】を図書館で併せて借りてよかったです。

三枚重ねしたブリヌイに熱々の溶かしバターをかけてかぶりつきたい…。

 …ロシア人が食いしん坊というか、私が食いしん坊なので食べ物の描写にばかり

目が行くのかもしれません。

 

広告を非表示にする

クリーン大作戦

今日は10時起床。12時まで布団の上で「長いお別れ」(レイモンド・チャンドラー)を読み、昼ごはんを食べ、13時から17時頃まで家の掃除をしていました。

 

私の前職は清掃であり、週6日一日10時間拘束で掃除をしまくってたわけですが、

きれいになったのは勤務先だけ。自宅は荒れ放題というていたらくだったのでした。

誰だって疲れきってくたくたなのに、家でまで仕事なんかしたくないでしょう。

 

寝室兼リビング・キッチン・トイレバス・玄関・ベランダのすべてをぴかぴかに

磨き上げ終えたころには、もう外は暗くなっていました。

けっこう疲れましたが、清掃のあとの疲れは心地よいものです。

週6日は二度と御免ですが…。(かなり根に持っているご様子)

どんよりしていた自宅の空気もこころなしかすっきりと澄み渡り、どこに目をやっても

きちんと片付いているという環境は、やはり素晴らしいですね。

 

f:id:taka_izz:20161022184136j:plain

写真はきれいになった作業机の上。ドリアンめいたヘッドホンは表参道の

フライング・タイガー」で購入。フライング・タイガーはいわば

北欧版ダイソーといった趣のチープでオシャレな雑貨店です。

上記の世紀末覇者ヘッドホンの値段はたしか1000円。

しかしコードが短く、amazonで延長コード(200円)を買う羽目になったので、

実質1200円といったほうが正しいのかもしれません。

 

 

 

広告を非表示にする

PC殉職?!私は無職

思えば10月はじめ「半年は無職でいよう!!」という熱い誓いのもとに

はじまった無職生活ですが、一ヶ月にしてなんか飽きてきました。

やはりブッダのおっしゃるとおり「一切皆苦」。苦しみがなければ喜びも楽しみも

感じられないというクソ仕様で人間は作られているのですね…。解脱しよう。

 

などとアンニュイを気取りながらも、私はのんべんだらりと朝からネットを

だらだら巡り、正午ちかくなったので、昼ごはんを調達しに近所のスーパーに

買い物に出かけるべくパソコンの電源を切ったのです。

30分ほどのち、帰宅して昼食を食べ、再び午後の映画鑑賞でも洒落込もうかと

思って電源のスイッチを押したのですが…つかない。電源がつかない。

何度押しても電源がつかない。

 

夏の間はディスプレイが熱暴走でつかないということはあったのですが、

PCがうんともすんとも言わなくなるのは初めて。

独居で無職という、限りなく他者との接触を絶った状況において

「唯一の外界との接点」ともいうべきネットが封じられるのは、さしもの

孤独と静寂を愛するカラ松オールド・ガールにおいても死活問題です。

さっそくスマホで「PC 電源つかない」などで検索し、本体から電源ケーブル

抜いて放電させてみたり、何年ぶりかでPC内部を暴き「電源ユニット」を

外して確認してみたり、ついでにホコリまみれだった内部を掃除したり…

まぁ色々やりました。

その結果、何が功を奏したのかは不明ですが、とりあえず直りました。

やった~~!!!自分に惚れますね、ホント。

正午からこの時間(16:30)まで、インターバルに2時間の読書タイムを

挟んだので、実質2時間半の苦闘を制したのです。

電源の青いランプが点灯した瞬間、私は思わず黒くて四角いPCを抱きしめて

キスをし「もう離さない!!」と咽び泣きました。

 

この無闇な感激ぶりと、2時間半にわたる孤独な闘いをものともしない執念…

薬物中毒者は薬物、アル中患者は酒の入手経路を保つことに、命がけになると

いいますが、どうやら私は立派なネット中毒のようです。

 

…これではいけない…。

しばらく無職になって自由を満喫するつもりが、ネット中毒に拍車をかけただけで

終わるなど、考えただけで嫌です。

 

これを反省し、明日からだらだらネットするのは夜だけにします。

調べ物なんかはスマホでこと足りますし、そこまでの不便はないはずです。

幸い私はスマホの画面を長時間見ることに苦痛をおぼえる体質なので、

スマホ中毒にはならないだろうと思います。

SNSもやる予定はありませんので…。

 

ネットがなければ、生活はかなり退屈なものになるだろうと思いますが、

退屈こそが創造の母。そして生きる力の源泉なのです。

週6日・1日10時間勤務をしていた頃からしたら、よだれが出るほどの自由時間が

今の私にはあるわけなので、それを粗末にせず、

有意義な無職生活を送りたいものです。

 

 

ネーム・オブ・エビ

単発バイトをしようと思い立ち、登録説明会に参加するため、海老名に行ってきました。
おお…ここが噂の「ビナウォーク」…!!

f:id:taka_izz:20161020180727j:plain

謎の塔がそびえ立つ以外は、ごく普通の広々としたショッピングモールでした。
 
登録説明会もつつがなく終わりましたが、単発バイトって手軽なイメージあるけど
けっこう色々面倒くさいんですね…。
いちいち「入」と「出」の連絡したり、やたら項目の多い書類書いたり。
給料も出ない就業時間外にしなきゃならないことが多すぎます。
 
昔、スーパーなんかで試食を配る仕事を2年ほどやってたんですが、あれも大概
割に会わない仕事だったのを思い出しました。
 
登録はしたものの、実際に働くことは無いのではないかと思います。
まぁ…海老名がなかなか良い街だと分かったし、クオカード(500円分)もらえたし
良しとするべきでしょう。
 
 

【映画感想】ダゲレオタイプの女

読みたい本が多すぎて時間が足りないため、速読をマスターしようと

頑張っているのですが、早く読めても内容が頭に入らず往生しています。

 

ところで今日は「ダゲレオタイプの女」という映画を観てきました。

ダゲレオタイプというのは昔の写真技術のひとつであり、

日本では「銀板写真」と呼ばれていたそうです。

写真のことはサッパリなんでよく分かりませんでしたが、とりあえず

一枚の写真を撮るために被写体は固定されたまま60~120分間

身動きひとつとれないという、すごく大変なものだったみたいです。

 

主人公はごく普通の青年・ジャン。彼がこのダゲレオタイプに没頭する写真家・

ステファンの元にアルバイト助手としてやって来たところから物語は始まります。

写真家がダゲレオタイプのモデルにするのは、娘のマリー。

マリーはこんな難儀な撮影にも、モデルとして根気強く付き合ってあげるような、

とても父親思いの娘さん。かといって自分の意思がないわけではなく、

就職活動の末に希望する仕事を勝ち取るだけのバイタリティもあります。

そんな彼女と主人公・ジャンはお約束どおりというか、定石どおり恋に落ち、

亡き妻(この人も生前はダゲレオタイプのモデルだった)への妄執にとらわれて

ダゲレオタイプにのめり込む父・ステファンから逃れ、自分達の人生を切り開こうと

思い立ったことから、愛憎と悲劇の歯車が回りだします…

 

というのがおおまかなあらすじ。

ネタバレしてしまうにはあまりに惜しいので、詳しくは書きませんが、

この映画は「ヒューマンドラマ」ではなく、「ホラー映画」でした。

とはいえスプラッタではなく、Jホラー的な幽霊ものであり、監督が日本人だと

視聴後に知って(遅い)ようやく納得できるような、ひんやりとした不気味さが

一貫して画面の底に漂っています。

 

<コマギレ感想>

★撮影の時にモデルの体を固定する器具が登場するたびに

「ダゲレオタイプ養成ギブス」という単語が脳裏に浮かんで困った。

 

★個人的には「愛する女を失った男の弱さ、脆さ」がテーマのひとつだったのでは

ないかと思う。ジャンもステファンも揃いも揃ってメンタル弱すぎ。

120分不動のポージングという拷問にも耐え抜き、ダゲレオタイプでの撮影を

幾度となくこなした、マリーやマリーのお母さんのド根性を見習うべき。

 

★幽霊でありながら、入り口ののビニールカーテンを手で押し開けて

温室に入るマリーのお母さんのシーンで、客席から静かなざわめき。

 

★オチを知ったあとにジャンのそれまでの行動を思い返すと、なんというかもう

痛々しくて、他人事ながら赤面せざるを得ない。ホテルにチェックインする時、

フロントの人は何も言わなかったのか…?

 

★「セックスシーンまで入れといて、やっぱりこのオチ?!!」と、最後は

わりとびっくりさせられる。

 

★写真家父娘の屋敷の壁に飾られていた、やたらリアルな伊勢エビ型の時計

気になって仕方なかった。ちょっと欲しい。

 

 

以上でした。

個人的採点では★★★☆☆☆といった感じでしょうか。

必見!というほどでもないですが、観て損することはないです。

 

www.bitters.co.jp

 

 

思い立ったが吉日

はじめまして。鷹村泉見と申します。

本日10月18日は「一粒万倍日」…今日新しくはじめたことは

万倍の収穫をもたらしてくれると言われる吉日なので、ここらでひとつ

かねてから興味のあったブログをはじめてみようと思い立った次第です。

 

記念すべきブログ第一日目ということで、軽く自己紹介をさせていただきます。

名前は『鷹村泉見』(たかむらいずみ)。ペンネームです。

今年めでたく40代に突入した独身腐女子で、神奈川県川崎市在住。

天体戦士サンレッド』でおなじみ南武線沿線の某駅近くに独居しています。

9月末まで清掃会社で働いていましたが、現在は無職です。

 

…この数行に登場したワードだけで

「アラフォー」「独身」「オタク」「無職」と、

さながら『負の数え役満』といった趣きで自分でもびっくりしました。ヒィッ!!

まぁ幸い心身の健康状態が良好なためか、実情はわりと気ままでのんきなので、

ひとつご安心ください。(何を)いや~働かないって最高!!!

 

趣味は読書(塩野七生とニンジャスレイヤーが好き)・

映画鑑賞(シン・ゴジラ面白かったですね!)・文章や漫画を書くこと。

好きなアニメは『91days』『おそ松さん』です。

(これに関しては無駄にオタク人生が長いため数え切れないほどありますが、

全部語りだすとキリがないので、割愛して現在のハマりものだけ)

目下の悩みは「レコード・プレーヤーを買うか買うまいか」です。

(わかりやすくデ●ゴスティーニに影響されるヤツ)

 

こんな人間の書くブログなので、人生に役立つライフハックなどは

特にありませんが、とりあえず楽しいものにできたらな~と思います。

今後ともよろしくお願いします。

 

f:id:taka_izz:20161018115003j:plain

 

 (写真アップのテスト。現在の机の上です。PCはこの右横にあります。

背景に映りこんだ「日田天領水」の段ボール箱や、乱雑にはみでたコードが悲しい。)

 

広告を非表示にする