読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タカムラ40

昭和生まれ独身腐女子の華麗にて波乱なる日々のドラマの記録

四十路の危機

ライターの雨宮まみさんがお亡くなりになりました。享年40歳。

まさか自分と同い年だったとは…。

女の子よ武器を取れ」「40歳がくる!」などのコラムのファンだったので、

とても残念です。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

有名無名に関係なく、40代って危険なお年頃なんです。特に独身には。

若者では決してない。年寄りと呼ぶには若い。

一所懸命に積み重ねてきた人生の大したことなさに絶望したり、

若い頃に立てた目的に達していないことに焦ったりして、

ついつい奇行に走ったり自暴自棄になったりしてしまう…。

自他ともに「老人」とカテゴライズされる年代まで、どんなに小さなことでもいいから

楽しいことを拾い集めて、ただもう「死なないように」慎重に生きていく技術が必要とされる。

ある意味、これまでの人生で培った底力を試される時だと思います。

 

かといって、亡くなった雨宮さんに底力がなかったとは決して思いません。

死因は「事故死」だと公表されていますし、いちファンである私はそれを真実だと

信じるほかありませんし、実際にそうなのでしょう。

残念だと感じたのは、あの独自の感性と技術で記されたコラムを読めなくなった

ことについてだけです。

亡くなったことに関しては「お疲れ様でした」と労う気持ち以外にありません。

 

こういった四十路の危機については、塩野七生「神の代理人」に収録されている

法王アレッサンドロ六世の話がとても秀逸なのでおすすめです。

 

0歳で死のうが100歳で死のうが、人生は人生です。

どうせなら「これが自分の人生だ」と、言い切れるものを生きたいです。

 

 

神の代理人 (新潮文庫)

神の代理人 (新潮文庫)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

無職VS排水口

無職と名乗ってはいますが、貯金を極力使いたくないという貧乏性のため

早朝2時間だけのアルバイトを始めたり、日中は単発のアルバイトに行ったりして

半端に働いております。

まぁバイトはあくまで副業であり、本業が無職なのは変わりありません。

週の半分は自宅でぐうたらしてますからね。意地でも。

 

ところで今日は遊ぶ金欲しさに、とある派遣会社の登録会に行ったんですが、

これがまた散々でした。

まず小田急線が人身事故で止まって遠回りする羽目になり、時間と交通費が

余分に掛かるわ、そこまでして行ったのに、その派遣会社の対応がいちいち

感じが悪いというていたらく。対応した男は無愛想だしオフィスは薄暗いし。

挙句の果てに「履歴書持って来い」というからわざわざ手書きして持参したのに、

『登録シート』とかいうその会社独自の書類に、同じ内容まるまるその場で書かせると

か、嫌がらせ以外にどんな意味があるというのでしょう。

何より最悪なのが、求人誌に掲載していた高時給の単発バイトに応募したのに

「それより、こっちの仕事どうですか?」とか明らかに時給の落ちるうえに交通費も

出ないような仕事を紹介してきたり…温和な私でも流石にムカついたので、

登録シートを書かず履歴書も返してもらって、早々に帰りました。

ホントもう時間と交通費返して欲しいですよ。

日中の仕事でお世話になっている派遣会社がすごく親切なばかりに、その落差に

びっくりしました。程度の低い派遣会社もあるんですのね…倒産あそばせ☆☆

 

で、帰宅後はそんなモヤモヤを、風呂場の排水口の掃除にぶつけました。

これがまた、排水口の蓋が固くて固くてビクともしないんですよ。

それで今まで掃除を諦めてたんですが、湯船の排水をするたびに洗い場の半分が

逆流した水の底に沈むところまで事態が悪化したため、仕方なく強硬手段に

乗り出した訳です。もうパイプ・ユニッシュなんて口先だけの警告など無意味。

交渉が決裂した今、排水口の蓋をブチ壊してでも、配水管に詰まったゴミ

(おそらく毛髪)を物理的に排除するしか道はないのです。

我が風呂の興亡、この一戦にあり。

まず手始めに、蓋に熱湯を掛け、蓋と周辺の間に挟まっているであろう

油脂や石鹸カスなどを溶かします。そうすることで、ビクとも動かなかった蓋が

「OPEN→」の表示どおりの方向に回るようにはなりました。しかし全く外れる気配が

ありません。次に棒状に分解した針金ハンガーを網目に通し、力任せに上に引っ張りま

す。これにはかなりの力が必要でしたが、なんとか蓋は「ズボッ」と外れました。

快感…!!しかしこれ、なんでここまで固かったのでしょうか。

排水口と蓋のサイズが微妙に合っていないのでは?

見ると蓋の下にはカップのような何か(異物が配水管に流れ込まないようキャッチする

ためにあるらしい)がありました。それを外してみると…ついに病巣を発見!

横に開いた配水管の口から、おびただしい量の毛髪が、どっさりと詰まっているでは

ありませんか!!ひぃ~~!!なんじゃこりゃあ!!…って私の頭髪ですけどね。

とりあえず、これを取り除けば良いのは明白です。しかしさすがに素手で触るのは

嫌だったので、スーパーの白ビニール袋を手にかぶせ即席手袋に。

ゴム手袋もタダじゃありませんからね。

しばしの精神統一のあと、毛の塊をさっそく引っ掴み、力まかせに引っ張り出します。

ズルズルズルッ!!!

薄いビニール越しにも生々しく伝わる、おぞましい感触…。出るわ出るわ、

小玉スイカほどもあろうかという大きさの、人毛毛玉のおでましです。

うわあああ気持ち悪い!!!『ケウケゲン』って妖怪いましたよね…毛だらけの。

まさにあんな感じ。(例えがマニアックすぎやしないか)

…しかし髪の毛って、元は自分の一部だったのに、どうしてこの身を離れた途端

ここまでグロテスクに見えるんでしょうか…。不思議ではあるんですが、とりあえず

毛玉を掴んだまま即席手袋をひっくり返し、口を結んでゴミ箱に捨てました。

あとは燃えるゴミの日に捨てるだけです。

 

排水のほうも試してみましたが、逆流もせず清々と流れるようになりました。

よ、よかったぁぁ~~~。

これにて一件落着!!ミッションコンプリート!!

以前のPC電源の修理といい、自分に惚れますな。

気分もスッキリしたので、明日は何かいいことがあるのではないでしょうか。

とりあえず、酒飲んで花丸の6話観て寝ます。

 

 

 

広告を非表示にする

花丸な日々

「昭和生まれ独身腐女子」と名乗ってるわりには、オタクっぽい話をろくにしていませ

んが、別に気取ってるわけではなく、最近ほんとアニメ観ないんですよね。

ゲームも興味ないし、漫画はまぁ…『累』の続きが気になるくらい。

おそ松さんはさっさと二期やるとかやらんとか公表しないと、モブとアイスダンス

ごっそりファンを持って行かれてしまうのではないかと他人事ながら心配です。

ピクシブに入り浸ってる奴ならではの老婆心)

91daysはキレイに終わってしまって続編の作りようがないし…。

 

あっ!!『刀剣乱舞-花丸-』これは観てます!!ゲームの方はけっこう前に解約して

しまいましたが…だって単調でつまんねーんですもの。しかしゲームシステムの褒めど

ころはまったく無くとも、キャラクターデザインは超一流。

その愛すべき刀剣男士たちが動いたり喋ったりするだけで充分なんですが、しかも

このアニメは作画や演出がとても丁寧なんです。実に好感が持てます。

お話もガルパンみたいな感じで、全体的に爽やかで厭味がなくて好きです。

小骨を入念に取り除かれた煮魚みたいというか…。

特にEDはその回の主役となったキャラによって毎回変わるという凝りよう。

このファンに対するサービスの良さには、感心を通り越して感動してしまいます。

↓こちらの動画を隙あらばヘビロテしてますけど、別に私は中毒じゃないです。

1話~5話のEDを繋げてみた by ertn アニメ/動画 - ニコニコ動画

 

今のところ5曲すべて名曲だと思いますが、個人的には特に

長谷部・宗三・薬研の美声とドラマティックな曲調で魅せる織田組と、

元気いっぱいな兼さんと堀川くんの曲が好きです。

特に推しでもなんでもなかった彼らの曲だけでも大喜びなのに、こんな調子で

私の推しである「同田貫正国」と「御手杵」のテーマソングなんか流れた日には

失禁しかねません。今からアテントを買っておくべきでしょう。

そしてなんか最新話(5話)のラストにCGで作成された御手杵くん(槍本体)が

ちらっと登場したので、次回はどうも登場するのではないかという噂が……

おむつどころか、喜びのあまり心臓破裂で死んでもいいように

身辺整理を済ませたのち、遺書をしたためておく必要がありそうです。

 

 

 

 

広告を非表示にする

最近読んだ本

【ダイナー】(平山夢明

平山さんといえば、私は実話怪談『東京伝説』シリーズの大ファンなんですが、

同氏の小説を読んだのはこれが初めて。結論から言うと、すごく面白くて

一気に読んでしまいました。簡単なあらすじはというと

「高給につられて怪しげなアルバイトに手を染めた主人公「オオバカナコ」(※本名)

が、ヤクザだかマフィアだかに売り飛ばされ、会員制ダイナー(食堂)のウェイトレス

として働く羽目になる」というものなんですが、当然ふつうの食堂ではありません。

客となるのは闇の世界に蠢く「殺し屋」の中でも、特にイカれた殺し屋たちで、

今まで何人ものウェイトレスがつまんない理由で惨殺されているという

とんでもない店な訳です。とにかく殺し屋たちの殺しっぷりがえげつない!

しょっぱなから「コンビーフの缶をくるくるっとめくる金属のアレで女の長い爪を

はさんでくるくるっ!爪はもちろん薄い飴みたいにメリメリッ!」とか

ですよ…この一文で具合が悪くなった人は、読まない方がいいですね。

 

しかし非情な残酷描写と裏切り騙し合いばかりが延々と続くわけでもないのが

この作品のニクイところです。食堂の主人を勤める謎の男にして、腕利きの料理人・

ボンベロが見事な手際で作り上げる料理の数々…その美味しそうなことったら!

焼きたての香ばしいバンズ、ガラス細工のようなレタスに瑞々しいトマト、

噛めば噛むほど豊かな旨みと芳醇な肉汁があふれ出すパティ…そしてそのうえ

濃厚なチーズを幾重にも重ね、仕上げに熱々にとろけたチーズをこれまたたっぷり…

てっぺんに再びバンズをのっけて出来上がり。

あ~~もうハンバーガー食べたい!!!この店のハンバーガー食べたいぃぃ!!!!

と、胸を掻き毟りながらのたうちまわりたい衝動をこらえるのが大変でした。

ぐりとぐら」なみに食欲をそそるので、料理のシーンばっかり何回も読み返してま

す。作中に登場する「殺し屋スキンの蜂蜜スフレ」は「ぐりとぐらのたまごかすてら」

に対抗できる一品です。N ●Kの「グレーテルのかまど」で作ってくれないかなぁ。

(絶対無理)

そしてイカれた殺し屋たちが歩んできた人生の理不尽さ、陰惨さ、重い哀しみ。

すこしずつ打ち解けるカナコとボンベロなど、浪花節も利いていてエンターティンメン

ト作品として、とても上質な作品でした。

 

なんとなく作中の雰囲気が『ブラック・ラグーン』のそれと似ていたので、

ロアナプラ版ダイナーとか、誰か描いてくれませんかね…バラライカ姐さんが

おしのびで来たりするの。めっちゃ読みたい…。

 

 

 

 

広告を非表示にする

都会と田舎、狭間でゆれる心

短期アルバイトをすることになったので、必要な服やら靴やらを買いに近所の

しまむら」まで買い物に行きました。手痛い出費ではありますが、手持ちの服で

デパート勤務に耐えうるクオリティの衣服がなかったため、仕方がないです。

うちの箪笥には「買ったはいいけど着ない洋服」などという穀潰しは一着たりとも

いないのです。みんながみんな、毛玉まみれで擦り切れるまで働いているのです。

救世軍バザーで集めた新品未使用の衣服を着てるアフリカ難民の方が、格段に

いいもの着てると思います。何この不平等。

 

帰りはウェルパーク(ドラッグストア)に立ち寄り、缶チューハイと「切れてるチー

ズ」を買って帰宅しました。 本当は荷物を置いたらその足で南武線に飛び乗り

「立川まんがぱーく」に行くつもりだったんですが、雨が降ってきたので潔く

あきらめ、家でネットしつつ昼酒と洒落込んでます。この圧倒的セレブ感…!!!

無職って最高ですね。もう死ぬまで無職でいたいです。

 

それはそうと、最近読んだ次の時代を、先に生きる(髙坂勝 著)という本の

おかげで「田舎で自給自足したい熱」がフィーバー中です。

何処に行ってもごちゃごちゃした人混みだらけで、無味乾燥な東京砂漠

(住んでるのは川崎だけど)での生活にもそろそろ飽きてきたことですし、

そろそろどこぞの地方か、実家のある京都に引き上げる頃合いなのかもしれません。

しかし、帰ったら帰ったで関東が恋しくなるんだろうな~などと思うと、なかなか

踏み切れないのも事実。そして何より、いい歳こいて運転免許証を持ってない

ということも、田舎移住の二の足を踏ませる要因のひとつです。

誰かうっかり轢き殺しても、いっさい罪に問われないというのなら

免許を取ってやるのもやぶさかではありませんが。

 

 

ハロウィンとは?

昨日がPCを自力で修理した以外も地味に忙しい一日だったので、

その反動で今日は一日中ネットして、飽きたら本読んで、だらだら過ごしました。

 

無職になると「別に嫌ならしなくていいけど、やらないと確実に自分が詰む」

ような手続きがいっぱい…生きていくのは面倒ですね。

昔は役所大嫌いだったんですが、今思えば

「何したらいいのかよく分からないまま、ボサーッと役所に行ってた」

「書類や印鑑など必要な持ち物を事前に調べず、手ぶらで行ってた」

という愚行ゆえに手続きがスムーズに進まず、必要ない書類を書く羽目になったり

長時間待たされたりしていただけで、完全に自業自得だったと思います。

こんな間抜けの相手をさせられていた職員さんは大変だったでしょうね…。

今更ながらご迷惑おかけしました。

 

そして話は今日に戻りますが、昼ごろ近所のスーパーの前の舗道を

仮装した幼稚園児の群れが「ハロウィン!!」「ハロウィン!!」と

口々に連呼しつつ、ぞろぞろと練り歩いているのを見ました。

「トリック・オア・トリート(悪戯かお菓子か)」だと、誤って通りすがりの

ペドフィリアの耳に入り「悪戯してしてぇぇ~~ん!!!」とつきまとわれかね

ないですし、仕方がないのかもしれません。

もはやハロウィンではなく「ハロウィンのような何か」に成り下がってる様子から、

この行事もいよいよ日本に根付いてきたのだなぁと、何か感慨深いものがありました。

 

私が子供のころ「ハロウィン」といえば、「ブギーマン」という名の殺人鬼が

リア充殺戮に大活躍する、あの映画一択でしたよ。

時代は変わるものですね。

 

 

 

 

広告を非表示にする

小さな成功体験

イエー!!!PC直りました!!完全に完膚なきまでに直りました!!

修理に出せば15000円以上ふんだくられていたところを、自分で直したから

無料!!15000円が無料!!いや~自分に惚れますね。

壊れていたのは電源ユニットでもマザーボードでもなく、

電源のスイッチだったみたいです。

電源ボタンとリセットボタンの配線を入れ替えたら、あっさり直りました。

おかげで私のPCは今、電源を入れるにはリセットボタンを押さなければならない

という、ちょっとややこしいことになってます。

自分以外は起動できないPCとか、スパイの秘密道具感がありますね。

リセットボタンが壊れたらマザボに直接繋ぐタイプの電源スイッチも売ってる

ようなので、そちらを導入するつもりです。

 

ところで今日はヤボ用で赤坂に行きました。

おのぼりさんだった頃は「赤坂」「永田町」「代官山」「田園調布」とか

地名だけでビビってたもんですが、今じゃどうってことないです。

キレイだし人は洗練されて上品だし、やっぱり金持ちの住む街はいいですよ。

住みたいかと問われたら、そりゃ一年や二年住んでみたいです。

誰か赤坂の高級マンションに住む権利めぐんでください。

田園調布の豪邸でもいいです。

 

広告を非表示にする